18 森のパビリオン

by Masato Yonezawa

日本は約70%が森林で覆われた森林大国である。しかしその多くは十分に手入れがなされず荒廃しているのが現状である。そこで私は、年々増加する人工林から木を伐採・使用・適切な植樹といった適正な森林管理のサイクルを取り戻す事を前提に置き、人と自然の関係性を再考するきっかけとなる「森のパビリオン」を設計する。柱から登り梁を伸ばし、放射状に配置することで樹木の抽象化した架構システムを考案した。各架構には、ストリングカーテンが設置されており、用途に応じて大小さまざまな空間を自由に作り出すことが可能となる。また漏斗状に配された架構システムは、雨水を集めるのに適している為、中心部で樹木を育てる予定である。架構によってもたらされた大空間は、フレキシブルに形態を変え、「パフォーマンス」「イラスト」「デジタルクリエイティブ」「映像」「スピーチ」作品を展示できる空間を創り出す。そして万博に緑豊かな森を創る。

  • パビリオン
  • コンペティション
  • 21
  • 0

コメントの投稿は会員のみとなります。

会員登録はこちら